test,

brandlist

NATALIA BRILLI

Natalia Brilli was born in Belgium and now works in Paris where she settled her design studio.

After graduating from the prestigious Ecole de La Cambre in Brussels, she leads, besides fashion, a career in set and costume design for theater. She joins the IFM school in 2003 and focuses, after various collaborations with established designers, on what she likes best : designing accessories.

Success is here the following year, when she launches her first collection immediately spotted by high end shops such as Maria Luisa, Browns or Barneys. This makes 2004 a key year for her, since she also joins Rochas’ designing studio as an accessories stylist alongside Olivier Theyskens who was designing the prêt-à-porter line at that time. Her own work keeps getting more and more respect and she is awarded the A.N.D.A.M. prize in 2006 and has since then collaborated with renowned leather goods houses.

Ever since her first collection, Natalia Brilli has imposed a unique style, with her oversize beads necklaces or he cameos encased with the finest leathers, those very used by glove makers. Her womens and unisex jewelry lines reappropriate the codes of classic jewelry by bringing them a new ethereal simplicity or by playing with monochrome and surface effects in a very light way.

Natalia Brilli has extended her unique technique to all the fields associated with accessories : jewelry, bags, leather goods. She is now developping a more artistic line of objects, far from functional restraints. Hence the « Rockband » installation, initially made for the windows of boutique Maria Luisa in Paris. Constituted of human skeletons and real music instruments all covered in leather to every single detail, this installation has quickly raised interest and been shown during exhibitions all over the world, as for instance at the celebrated Art Basel Miami fair or even in Australia. A real work of art, it is also the demonstration of an exceptional know how. And Natalia Brilli, who often cites Vanities of the XVIIth Century or the Victorian era style as references didn’t stop here. Her cultivated elegance and visual spectrum can now be found in her new series of animals skulls. Transcending the déjà-vu aspect of these hunting trophies, she brings them a new dimension by encasing them in leather, thus stressing contours and deep detailing and most of all elevating them to real art objects status.

Natalia Brilliはベルギーで生まれ、現在はデザインスタジオを設立したパリで活動をしています。
ブリュッセルで有名なEcole de La Cambreを卒業した後、ファッションの他にも劇場のセットやコスチュームデザインなどを先導していました。2003年にはIFM schoolに加わり、さまざまな名声のあるデザイナーとのコラボレーションを手掛けた後、彼女自身が一番好きな事であるアクセサリーデザインに重きを置きました。

翌年に成功を収めることとなった彼女のファーストコレクションでは、すぐにMaria Luisa, Browns,Barneysなどのハイエンドのショップの目に留まり注目を集めました。
アクセサリースタイリストのRochas’のデザインスタジオに参加したり、それと平行して当時the prêt-à-porter のデザインを手掛けていたOlivier Theyskensと活動するなど彼女にとって2004年は重要な年となりました。
彼女の作品はより一層一目をおかれるようになり、2006年には有名なレザー商品会社とのコラボレーションによりthe A.N.D.A.Mの賞を受賞しました。
彼女のファーストコレクション以降ずっとNatalia Brilliはオーバーサイズのビーズネックレスやグローブのメーカーに幅広く使われている素晴らしいレザーを含んだカメオなど独特なスタイルを展開していきました。
彼女は現在、機能的制限にとらわれない芸術品を作っています。
最初はパリにあるブティックMaria Luisaのウィンドウのために作られていたので、それゆえ« Rockband »と言われているのです。
人骨の構成や細部までレザーで作られた本物の楽器などは、オーストラリアのArt Basel Miami fairなど世界中の展示会で紹介されたことですぐに多くの人々の注目を集めました。本当の芸術作品、それは特別な方法を知った証でもあります。
そしてXVIIth 世紀やVictorian 時代のVanitiesのスタイルをリファレンスとして引用するNatalia Brilliはここでストップしませんでした。洗練された優雅さと視覚スペクトルは今、彼女の新しいアニマルスカルシリーズとして見受けられます。
これらの狩猟記念物のthe déjà-vu面を超えて、彼女はそれを皮に入れることによって新次元の物へと変えていきます。このように輪郭と難しいディテールを強調して、すべてを本物の芸術品の状態に仕上げています。

Copyright (c) test, All Rights Reserved.