test,

brandlist

Piers Atkinson

Piers Atkinson has worn nearly as many hats as he’s made. Artist, illustrator, milliner, costume designer, party organiser, fashion editor and now DJ! – his creative energies only seem to be matched by an insatiable curiosity.

He grew up in Norfolk with three generations of women – his mother, the theatrical milliner Hilary Elliott, at whose knee he learned hat-making; his sister Lucy, the long-suffering photographic model for his teenage reconstructions of Grace Jones and Art of Noise record covers; and his grandmother, the artist / writer / horticulturalist and illustrator Lesley Gordon, from whom he took his multi-disciplinary cue.

After studying graphic design and photography at the University of Bristol (where Stephen Jones made a brief but memorable visit to his grad show), Piers moved in 1995 to London. He helped out at that year’s Alternative Miss World, the brainchild of artist Andrew Logan, now an occasional collaborator and constant inspiration to Piers: ‘He helped me see the rich possibilities of free-form events and a ‘just do it’ attitude.’

In 1999, Piers started with iconic fashion designer Zandra Rhodes, whom he assisted with art direction and in-house PR. ‘She instantly cured my conservative approach to colour!’ says Piers. When Rhodes became a client of PR powerhouse Mandi Lennard, Piers took a post there assisting Mandi, who gave him many of her unique insights into the fashion world.

Piers launched his first collection of hats in February 2008 and has created collections every season since. He has collaborated with designers Ashish, Ashley Isham and Noki for runway presentations and has dressed such celebrities as Anna Dello Russo, Kate Moss, Lady Gaga, Rihanna, Kelis, Cate Blanchett and Paloma Faith. The Princesses of York and Dame Shirley Basey have worn his hats at Ascot and he has had pieces in the V&A’s ‘Hats: an Anthology by Stephen Jones’ and ShowStudio’s exhibition ‘The Café’.

Piers’s creations regularly appear in the pages of Vogue, Italian Vogue, V Magazine, Tatler and the London broadsheets. His hats are available across the globe – from Sister in Japan to Fenwick’s in London, via Joyce in Hong Kong and Alan Journo’s famous store in Milan.

ピアーズ・アトキンソンの帽子は、アーティスト、イラストレーター、帽子屋、コスチューム・デザイナー、パーティオーガナイザー、ファッション・エディターやDJなど彼が作った作品は多くの著名人に着用されました。彼の創造的なエネルギーは飽くことのない好奇心とつりあっているようだ。

彼は、3世代の女性と共に、ノーフォークで育ちました – 彼の母、劇場用婦人帽子職人のヒラリー・エリオット(ピアーズが彼女のもとで帽子を作ることを学んだ); 彼の姉妹ルーシーは10代のグレース・ジョーンズの再現とNoiseのレコードのカバーのモデル; そして、彼の祖母、アーティスト/ライター/園芸家とイラストレーターであったレズリー・ゴードン(彼が祖母から多くの規律のきっかけをもらった。)

ブリストル(スティーブン・ジョーンズが、彼の院生のショーへ短いが、忘れがたい訪問をした)大学でグラフィックデザインとフォトグラフィーを学んだ後、1995年にピアーズはロンドンに移り住みました。 彼は、その年のAlternativeミス・ワールド、創造的な考えのアーティスト・アンドリュー・ローガンに師事しており、現在ではたまにコラボレーションしたりコンスタントにインスピレーションをもらったりしています: 『彼は、私が自由形式のイベントの豊かな可能性とそれをやる姿勢を見抜く事を手助けしてくれる。』

1999年に、ピアーズはアイコン・ファッション・デザイナーであるザンドラ・ロードスのアートディレクションとプレスアシスタントを始めました。『彼女はすぐに私の色に対する保守的なアプローチを直した!』と、ピアーズは言います。 ロードスがプレスの最強チームであるMandi Lennardのクライアントになったとき、ピアーズはファッション界への独特な見識を教えてくれたMandiに師事しました。

ピアーズは2008年2月に帽子の彼の最初のコレクションを発表し、その後シーズンごとにコレクションを作成しました。 彼はrunwayプレゼンテーションのためにデザイナーAshish Ashley IshamとNokiとコラボレーションしたり、Anna Dello Russo、Kate Moss、Lady Gaga、Rihanna、Kelis, Cate BlanchettやPaloma Faithのような有名人に着用してもらいました。 The princess YorkとDame Shirley Basey はアスコットで彼の帽子をかぶり、そして彼はV&Aのスティーブン・ジョーンズによる『Hats: an Anthology』やShowStudioの展示『Café』で彼の作品が展示されました。

ピアーズの作品は、Italian Vougue、V Magazine、Tatlerやロンドン新聞のページに、定期的に掲載されています。 日本のSister、ロンドンのFenwick, 香港のJOYCEやミラノの有名なお店Alan Journoなど彼の帽子は世界中で取り扱われています。

Copyright (c) test, All Rights Reserved.